なんちゃって自転車乗りです。


by tohikata

オフシーズンへ向けて(追記)

 風邪をひいてしまってヒマを持て余しているのと、メーリングリストへの投稿などから自分の考えもまとめておこうかと。

 何の考えもなしにガーミンやパワータップはいらないと言っているわけではないということをここに書いときます。メモ程度ですが。一番の理由はお金かけたくないということですが笑

1)ガーミンのメーターを取り入れた練習管理
メリット
・練習内容をWeb上で共有できる。
・データをパソコンに流し込むだけで記録を管理できる。
・データを解析ソフトと連動させられる。

とまあ、3万円プラスアルファでこれだけのことができるならそりゃあ買えよって話ですが、練習記録は自分でつけられる。タイム計測区間を自分で決めてタイムトライアルを行えば自分でコンディションも把握できる。練習データを共有できるといっても本当に他人の練習内容を評価するなら毎日の睡眠、食事、体調など評価する相手の生活を完全に把握していないと無理でしょ。そこまでは公開したくありません、プロじゃないんだから。普段の生活も含めての練習評価は自分でやっているつもりです。そういうものを感覚でなくて数値という絶対的なもので見られるということがガーミンの一番のすごいとこなんでしょうが。笑
気になること、指導仰ぎたいことあったら直接聞きます。

ガーミンについてはアナログでも対応できると勝手に解釈。

2)サイクリスト・トレーニングバイブルなどの教本類

 一応一通り読んではいます。そして読んだ結果自分の方向性は特に間違っていないかなと。というか、読んでも、まあそうだよねとしか思えない。
群馬の会場でアマガサさんにも相談したけど自分の今やっている練習を質、量ともに高めていけばそれでよいと感じた。

・スケジュール等について。
一応自分も大まかな年間計画はあります。今までどのようにプランニングしてきたかというと。
2012~2013シーズン
イメージとしては年間のピークを4月頭チャレンジロード、6月末全日本~7月2週目石川、10月ジャパンカップに持ってくるつもりでいた。
実際に4月頭、石川ではうまくピーキングできたと思う。
多分10月も今のとこ調子上向きなので予定通りといえば予定通り。


11月~1月
オフなのでシャカリキに乗るようなことはしない。乗れるときに乗る。なるべく実走。土日はクル練。
2月
徐々に乗る量を増やす。ベースをつくることを第一に。たとえば土日きつい練習して(と言ってもペース走メインだけど)月曜、火曜も休まないで乗る等。徐々に高い負荷に耐えられるようにしていく。
3月
月干3000km目標に乗り込む。
土日は基本ペース走(L4時々L5)。
月曜・・・回復走
火曜・・・5分間程度の登りをいくつかいれてVO2MAXを高める。(いわゆるL5?)
水曜・・・サイクリング
木曜・・・5分~10分の登りでもがく(L5)主に村田、川崎方面
金曜・・・休みor軽く乗って土日に備える
3月中盤~4月頭

目標はチャレンジロード(中止でしたが)

インターバルを増やす
土曜・・・周回練
日曜・・・ロング
月曜・・・休みor回復走
火曜・・・L5の割合増やす。村田、川崎方面
水曜・・・流し
木曜・・・火曜と同じ。気分でマグノリア、菅生周回など
金曜・・・体調によって乗ったり乗らなかったり

もしくは
月曜・・・回復走 
火曜・・・ペース走(L3orL4)
水曜・・・2~3分程度のもがき(L6)墓場、太白団地
木曜・・・L5村田
金曜・・・休み

の週を交互に作る。体調によって臨機応変に。
4月後半、5月頭
群馬2DAYS、岩手日報(中止でしたが)に向けて調整メイン
GWは乗れるだけ乗る(今年は風邪ひいて練習0)
実際は学校忙しくて練習量激減

~6月
ヒルクライム、全日本に向けて登りの強化
土日・・・周回練、ロング
月曜・・・オフ
火曜・・・泉ヶ岳(20分程度の登りの強化L5~6)
水曜・・・ペース走 川崎、赤坂
木曜・・・L5 村田
金曜・・・体調次第

7月
目標は石川ロード。
土日・・・周回練、ロング
月曜・・・オフ
火曜・・・泉ヶ岳or村田で10分~20分の強化
水曜・・・体調次第でL6を短時間
木曜・・・村田方面L5
金曜・・・流し

8月
院試勉強のため完全オフ

9月、10月(今)
目標はジャパンカップ
7月と同じ感じで練習

てな感じで目標レースだけはオフに決めといて
1か月前から週の過ごし方決めていく感じで年間計画立ててきました。


もちろん毎週これを実行できているわけではありません。バイトや学校の忙しいときは計画通りにいかずストレスになってしまうことも。サイクリストトレーニングバイブルにも書いてあったけど実行できなくても遅れを取り返そうとする必要はないと頭でわかっていてもどうしても精神的負担になってしまう。
これだけ大まかな計画でもそうなってしまうのだから共有フォルダの年間シートなども使用する予定はありません。これも自力でどうにかなる。
というか、やらされている感が少しでも出てしまうのが嫌です。もちろん指摘されたことで納得のいくことはどんどん取り入れていきますし、いままでも取り入れてきたつもりです。ただ、あくまで自分の自転車競技に対するスタンスは、やれる範囲でやる。主体は自分。ということです。別にこれでいいじゃんと思うことは自分のしたいようにやります。まあそのやり方で結果出していれば何も言われないのでしょうが、出せていない現状では言われてもしょうがないです。
ただこの頃のカジキ監督の口調だと自分が何の代替案もなしにあれ嫌だこれ嫌だと駄々をこねているだけのように思われているのではないかと思い今回真面目に自転車競技に対する考えを書き連ねてみました。

3)パワーメーター類
実際必須だと思います。上に書いた練習計画でL4やL5とか書いてますがそもそも本当にその強度域で行えているのかいというと絶対にそうだと断言することはできません。というか上で偉そうなこと書きましたがコンディショニングなどに関しても数値で見られるということは大きなアドバンテージになるとわかっています。
しかしこれまでもパワーメーター類を使用せずに強くなってきた選手も大勢いますし、自分も使用せずに強くなれるイメージはあります。
強度域も練習していくうちになんとなくこの時間で維持できる最大限の強度みたいな感じで再現できると思っています。
資金の限られた学生ではどうしても優先順位では下のほうになってしまいます。10万円あったら海外旅行でも行きたいし。社会人になっても競技続けるとなれば(今のところ続ける予定)買います。収入と自転車以外の娯楽と天秤にかけた上で買わないという選択をしているまでです。人生自転車がすべてではないので。振り返ってみて自転車だけの大学生生活なんてまっぴらです。
強くなってスポンサー(貸与、割引でもよいので)せがめるようになることがあればもちろん欲しいですけど。



以上、自分の考えです。カジキさん、ワカオさんのメールをもとにまとめてしました。的外れなところ、未熟なところ数多くあると思いますので(というか書いてる途中に自信なくなってきました)気付いたことあればご意見ください。ひとことで「だから甘いんだよ」とか「わかってねえなあ」とかいうことも簡単だと思いますが具体的にどこが悪いかして指摘していただけると嬉しいです。

11月になったら2014シーズンの計画も立てます。
とりあえず、まずは体調を回復させる!
[PR]
by tohikata | 2013-10-03 17:18 | 練習