なんちゃって自転車乗りです。


by tohikata

人生初新幹線

4/6チャレンジロード@修善寺
このレースがイライラの源。笑
全日本資格取得のためにはるばる修善寺までいったはずなのに???

4/5
18きっぷ乗り継いで浜松へ到着。
駅まで迎えに来てくれたONOD大先輩を探す。
トレードマークの5万円のすーぱーかーが見当たらない。なんと、フリードspikeにランクアップ(ランクダウン?笑)していた。内装がステキ!
王将食ってお宅訪問。
。。。まんま学生の家でした!笑
サイク部気分で寝てください、と銀マットにシュラフ。懐かしい。笑
11時頃に就寝。

4/6
7時起床。
浜松の英雄(俺の主観)、なるしまサクライさんに迎えに来ていただいてCSCへ。
11時半くらいに到着。
何とも言えない天気。
午前中にレースを終えたBクラスの選手たちがウォーマーいらなかったなどというのが聞こえてくる通り、日差しが出れば暖かい。ただ、一旦陰るとものすごく寒い。ウェア選択が難しい。しばらく考えて長袖インナーに決定。しかし!なぜかインナー類のみ一切ない。笑
ホットバルム、ウォーマー類は一通りあるのになぜかインナーだけ忘れた模様。笑
会場の物販も売り切れ。うがー。ないよりましだろと、オノDさんにTシャツ借りる。
で、10分前まで足に疲れが残らない程度に心拍数だけ上げる感じでアップして、スタート地点へ。
人数がそこまで多くないので並ぶのも気楽。
今思うとここで緊張感が足りていなかった?


で、スタート。最初のペースアップにいかに耐えるかだ、と自分に言い聞かせる。
あれ?思ったよりきつくない、というか余裕を持って走れている?でも集団の人数は減っている。
2周めも同様。後ろフラフラしていても前見えるし大丈夫だろ、と思っていたら3周目に地味にペースアップあった?一列棒状になって、なぜか急に踏めなくなり切れてしまった。こん時多分集団の人数30~40人この位置をキープorこぼれてきた選手を抜いていけばばグルペットで完走でも全日本の出場権は手に入る。その思考の切り替えができなかった。

で、ちょうどアンダーの集団に飲み込まれる。後ろに付くべきかどうか、悩んだ挙句につかなかった。ここらへんのモラル的なものに弱い。と、いうか追いつかれた瞬間に気持ちも切れてしまった。
本当に気持ちの強い選手なら、周りの目なんて気にせずに紛れ込むべきだったんだろうとか、なんであんな走り方してしまったんだろうとか、気持ちが過去に飛んでしまった。
で、そのあとも追いついてくるパックにつく気にもなれず、ダラダラと走ってしまい、自己嫌悪に呑まれ、5周したところで自分からレースを降りてしまった。初めて。なにやってんだ。これにつきる。んで今までウジウジ引きずっているわけです。笑

結果的には悪天候でレースは中止になったためノーコンテストなわけですが。


反省点
レース前
アップ自体は悪くない。気持ちの持って行き方が良くなかった。

レース中
下りはとにかく足を使わずに休むことが完走へのポイントだったはず。これをを徹底できなかった。変に余裕を感じてしまったために位置取りに集中できず、登り,下りともに少しずつ無駄な足を使ってしまい、気づかないうちに足が削られていった。弱い選手が残るための走り方ができていない。

気持ちの切り替え。グルペットでの完走に目的を切り替えればレースが中断しなければ全日本の資格は手に入った可能性もある。馬鹿かお前は。

レース後
サクライさんの提案でとなりのゆーさろんへ。まこっちゃん(森本さん)もさそっていこうよとのことで、風呂で合流。すっごく良く喋る人だった。サクライさんのマシンガントークに押されてあまりお話できなかったけど、トップ選手の話はやはり刺激的。とりあえず企業説明会で会いましょうと言ってお別れ。笑

レースの反省をサクライさんに話して、どう練習すれば克服できるか相談すると、
緩んだ時とかかった時の緩急への筋肉の対応
だらだら踏み続けてからさらに段階あげて踏む練習
のアドバイスをもらった。なんとなくイメージはある。あとはどこまで追い込めるか。

人生初新幹線で家帰って群馬に向けて監督に電話で相談。
夜遅くにありがとうございました。


あー、なさけねえ
[PR]
by tohikata | 2014-04-08 16:48 | レース