なんちゃって自転車乗りです。


by tohikata

カテゴリ:練習( 117 )

20131130クル練6

147.4km 5h34min
朝、寝坊。往路は単独で。
なんか一瞬追いついたような気もするけどどうやら幻だったようだ。(何故か普通にちぎれました笑)
復路は集団内でくるくる。きつい。
あっちこっちからうめき声が聞こえる(おもにツノダさん笑)
眠すぎてあんまり記憶ない。
かえって体幹トレ1分で1セットだけやって速攻研究室へ
予想通り3バカ全員集合。笑
集中切れてからはアイドルについて熱く語り合った。
ギリギリ日をまたがずに帰宅。

[PR]
by tohikata | 2013-12-01 22:26 | 練習

11/14~17

11/14
朝からバイト。そのあとローラー1時間。昼にラン。
11/15
練習なし。久しぶりに学校で日をまたぐ。中間発表まであと少し。
バイトさえなければなあ
11/16
進捗報告会
「万事休すだな。」
・・・引きこもってもよかですか?

11/17
駅伝大会。自分は一区。しかも最前列スタート。
これはもう瞬間最高一位を狙うしかない。
準備にもたもたしていたらアップする時間がなくなる。
しかも真後ろには全日本駅伝出場者。やめちくりー。

 スタート。
ホームストレートは観客たくさんなので瞬間最高一位をめぐる激しい戦いが繰り広げられるかと思いきや、まったりスタート。
普通に飛び出す格好になる。
どうしよう俺今すごい目立ってるよ、やばくね?連絡先聞かれたらどうしよう?笑
学科に友達ほとんどいないし誰こいつ?って思われてるんだろうなー。笑
研究室のみんなの声援はきちんと聞き分けられた。頑張るしかないっしょ。500mくらいまでは1位キープできたかな。
あとは格の違う陸上部にあっさり抜かれて、ヨダレ垂らしてへろへろ走る。なんとか4/45位でたすきをわたす。うん、頑張った、俺。笑

 チーム自体は奇跡の5位!全く予想していなかったからすげー嬉しかった。
てか楽しいね、駅伝。走るの嫌いだけど。笑
まさか入賞できるなんてねー。大量のビールをゲット!
採れたてホップは夕方には一ケースなくなっていた。。。

 表彰式まで時間あったので、トレ室へ。どんなに忙しくても週2.5の筋トレは死守したい。
筋トレ(AA7セッション目)
(負荷1つで10kgらしい?)
スクワット45kg×30回・・・3セット
ラット・プル・ダウン(マシンの負荷7)×30回・・・2セット
ラット・プル・ダウン(マシンの負荷6)×30回・・・1セット
レッグ・プレス(負荷5)×30回片足3セットずつ
レッグ・カール(負荷3)×30回片足3セットずつ
サイクルクランチ×30回・・・3セット
ランの後だと、きついねー。
身体適応期というだけあって、なんか体が筋トレに適応してきた気がする。笑
うまく走りにつなげよう。

で、帰ってチェーン交換してローラー回して、飲み会へ。
オフになったからといって飲み会三昧なわけではないので久しぶりの飲み会。
今までにない面子で飲めて、すごい楽しかった。なんとか来週も学校にいけそうだ。笑
なんだかんだ1時過ぎまで飲んで、3時就寝。
あれ?5時間後には練習、、、

[PR]
by tohikata | 2013-11-17 22:36 | 練習

20131109クル練2

県北方面
158km
5h58min←待ち時間に駐車場フラフラしてたから?

 今年初の遅刻。学生だから時間にルーズとか思われたくないので遅刻しないことを心がけてきたが、ついにやってしまった。信号多すぎでしょ。

 カジキさんの指摘で後ろ乗りを意識するあまりサドルの変なところに座っていたことが発覚。いやあ、自分でも変なところ痛くなると思っていたんだよね。今日の練習で座るところはなんとなくわかった気がするので後はサドル位置。

 復路の短い上りでアウタートップで踏んでいると、かかとが下がっていることに気づいたスガワラさんからアドバイスをもらえた。かかとが下がるギアでやっても意味ないと。かかとが下がらないくらいのギアでやるべきだと。夏頃にカジキさんにも指摘されたけど踏み切れないギアだとどうしてもかかと下がっちゃうからな。要注意。

 普段のかかとの位置はどうでしょうか?と聞くと。
ペダリングはすごい綺麗だから問題ないよ。と、ありがたい言葉をいただけた。褒め上手!笑
いやー、嬉しいね、滅多に褒められることないから。笑
にやけてたかも。←

練習後は久しぶりにだべってから帰宅。楽しかった。

帰宅して嫌なことから片付けようと、まず便所掃除。で、バイト先行ってタダ働きして、腹立つことあったから毒吐いて。ううう・・・

おやすみなさい。。。
[PR]
by tohikata | 2013-11-09 22:07 | 練習

20131103クル練1

ギクシャクしすぎ。
修行不足。
146.8km
5h13min
[PR]
by tohikata | 2013-11-03 22:43 | 練習

嫌いな練習

自分は、反復練習が嫌いです。
同じメニューを何本も繰り返すことに耐えられません。
ですが、その嫌いな練習に踏み込まなければならない時がやってきました。
ジャパンカップの登りは一本なら余裕をもってクリアできますが(甘いかな?)、2本、3本、となると自信がありません。(JCオープンは5周)。と、いうわけで2日連続で登り反復練習。登りの天井を高くすることはできなくても、反復に耐える能力は1週間ありゃ多少は伸びるでしょう。

たくさん寝たので目覚めはすっきりしていたが、走り始めると足が重い。やはり練習の疲れと生活の疲れは別物。同じ坂なのに昨日より20秒程度遅い。とりあえずタイムだけは揃えて9分×3本。
疲れた。明日は軽めに。
今のモチベーションだからこそできる練習。


先日バイト先でやらかしたので今日のバイトのこと考えると憂鬱。
週末の3連休もバイト@鳴子で軟禁生活。。。自転車もってこ。
[PR]
by tohikata | 2013-10-10 12:34 | 練習
 風邪をひいてしまってヒマを持て余しているのと、メーリングリストへの投稿などから自分の考えもまとめておこうかと。

 何の考えもなしにガーミンやパワータップはいらないと言っているわけではないということをここに書いときます。メモ程度ですが。一番の理由はお金かけたくないということですが笑

1)ガーミンのメーターを取り入れた練習管理
メリット
・練習内容をWeb上で共有できる。
・データをパソコンに流し込むだけで記録を管理できる。
・データを解析ソフトと連動させられる。

とまあ、3万円プラスアルファでこれだけのことができるならそりゃあ買えよって話ですが、練習記録は自分でつけられる。タイム計測区間を自分で決めてタイムトライアルを行えば自分でコンディションも把握できる。練習データを共有できるといっても本当に他人の練習内容を評価するなら毎日の睡眠、食事、体調など評価する相手の生活を完全に把握していないと無理でしょ。そこまでは公開したくありません、プロじゃないんだから。普段の生活も含めての練習評価は自分でやっているつもりです。そういうものを感覚でなくて数値という絶対的なもので見られるということがガーミンの一番のすごいとこなんでしょうが。笑
気になること、指導仰ぎたいことあったら直接聞きます。

ガーミンについてはアナログでも対応できると勝手に解釈。

2)サイクリスト・トレーニングバイブルなどの教本類

 一応一通り読んではいます。そして読んだ結果自分の方向性は特に間違っていないかなと。というか、読んでも、まあそうだよねとしか思えない。
群馬の会場でアマガサさんにも相談したけど自分の今やっている練習を質、量ともに高めていけばそれでよいと感じた。

・スケジュール等について。
一応自分も大まかな年間計画はあります。今までどのようにプランニングしてきたかというと。
2012~2013シーズン
イメージとしては年間のピークを4月頭チャレンジロード、6月末全日本~7月2週目石川、10月ジャパンカップに持ってくるつもりでいた。
実際に4月頭、石川ではうまくピーキングできたと思う。
多分10月も今のとこ調子上向きなので予定通りといえば予定通り。


11月~1月
オフなのでシャカリキに乗るようなことはしない。乗れるときに乗る。なるべく実走。土日はクル練。
2月
徐々に乗る量を増やす。ベースをつくることを第一に。たとえば土日きつい練習して(と言ってもペース走メインだけど)月曜、火曜も休まないで乗る等。徐々に高い負荷に耐えられるようにしていく。
3月
月干3000km目標に乗り込む。
土日は基本ペース走(L4時々L5)。
月曜・・・回復走
火曜・・・5分間程度の登りをいくつかいれてVO2MAXを高める。(いわゆるL5?)
水曜・・・サイクリング
木曜・・・5分~10分の登りでもがく(L5)主に村田、川崎方面
金曜・・・休みor軽く乗って土日に備える
3月中盤~4月頭

目標はチャレンジロード(中止でしたが)

インターバルを増やす
土曜・・・周回練
日曜・・・ロング
月曜・・・休みor回復走
火曜・・・L5の割合増やす。村田、川崎方面
水曜・・・流し
木曜・・・火曜と同じ。気分でマグノリア、菅生周回など
金曜・・・体調によって乗ったり乗らなかったり

もしくは
月曜・・・回復走 
火曜・・・ペース走(L3orL4)
水曜・・・2~3分程度のもがき(L6)墓場、太白団地
木曜・・・L5村田
金曜・・・休み

の週を交互に作る。体調によって臨機応変に。
4月後半、5月頭
群馬2DAYS、岩手日報(中止でしたが)に向けて調整メイン
GWは乗れるだけ乗る(今年は風邪ひいて練習0)
実際は学校忙しくて練習量激減

~6月
ヒルクライム、全日本に向けて登りの強化
土日・・・周回練、ロング
月曜・・・オフ
火曜・・・泉ヶ岳(20分程度の登りの強化L5~6)
水曜・・・ペース走 川崎、赤坂
木曜・・・L5 村田
金曜・・・体調次第

7月
目標は石川ロード。
土日・・・周回練、ロング
月曜・・・オフ
火曜・・・泉ヶ岳or村田で10分~20分の強化
水曜・・・体調次第でL6を短時間
木曜・・・村田方面L5
金曜・・・流し

8月
院試勉強のため完全オフ

9月、10月(今)
目標はジャパンカップ
7月と同じ感じで練習

てな感じで目標レースだけはオフに決めといて
1か月前から週の過ごし方決めていく感じで年間計画立ててきました。


もちろん毎週これを実行できているわけではありません。バイトや学校の忙しいときは計画通りにいかずストレスになってしまうことも。サイクリストトレーニングバイブルにも書いてあったけど実行できなくても遅れを取り返そうとする必要はないと頭でわかっていてもどうしても精神的負担になってしまう。
これだけ大まかな計画でもそうなってしまうのだから共有フォルダの年間シートなども使用する予定はありません。これも自力でどうにかなる。
というか、やらされている感が少しでも出てしまうのが嫌です。もちろん指摘されたことで納得のいくことはどんどん取り入れていきますし、いままでも取り入れてきたつもりです。ただ、あくまで自分の自転車競技に対するスタンスは、やれる範囲でやる。主体は自分。ということです。別にこれでいいじゃんと思うことは自分のしたいようにやります。まあそのやり方で結果出していれば何も言われないのでしょうが、出せていない現状では言われてもしょうがないです。
ただこの頃のカジキ監督の口調だと自分が何の代替案もなしにあれ嫌だこれ嫌だと駄々をこねているだけのように思われているのではないかと思い今回真面目に自転車競技に対する考えを書き連ねてみました。

3)パワーメーター類
実際必須だと思います。上に書いた練習計画でL4やL5とか書いてますがそもそも本当にその強度域で行えているのかいというと絶対にそうだと断言することはできません。というか上で偉そうなこと書きましたがコンディショニングなどに関しても数値で見られるということは大きなアドバンテージになるとわかっています。
しかしこれまでもパワーメーター類を使用せずに強くなってきた選手も大勢いますし、自分も使用せずに強くなれるイメージはあります。
強度域も練習していくうちになんとなくこの時間で維持できる最大限の強度みたいな感じで再現できると思っています。
資金の限られた学生ではどうしても優先順位では下のほうになってしまいます。10万円あったら海外旅行でも行きたいし。社会人になっても競技続けるとなれば(今のところ続ける予定)買います。収入と自転車以外の娯楽と天秤にかけた上で買わないという選択をしているまでです。人生自転車がすべてではないので。振り返ってみて自転車だけの大学生生活なんてまっぴらです。
強くなってスポンサー(貸与、割引でもよいので)せがめるようになることがあればもちろん欲しいですけど。



以上、自分の考えです。カジキさん、ワカオさんのメールをもとにまとめてしました。的外れなところ、未熟なところ数多くあると思いますので(というか書いてる途中に自信なくなってきました)気付いたことあればご意見ください。ひとことで「だから甘いんだよ」とか「わかってねえなあ」とかいうことも簡単だと思いますが具体的にどこが悪いかして指摘していただけると嬉しいです。

11月になったら2014シーズンの計画も立てます。
とりあえず、まずは体調を回復させる!
[PR]
by tohikata | 2013-10-03 17:18 | 練習
9/29
鍋越峠往復187km

前日の疲れで足が重い。前に出てもスピード維持がしんどい。フレッシュなイトウさん、ミノルさんの牽きがキツい。
消耗しているとカロリーの消費も激しいのか、鍋腰の麓までにピーナッツバターサンド3つ消費。

左右で窮屈さが違うと思ったら左のブラケット位置がだいぶ下がっていた。気づくのおせーよ。麓で調整。

で、鍋腰。今日も元気いっぱいなイトウさん、
「小刻みにアタックかけていくね~」
ふぁっ?まあこっちは集団だし、ペースで追いかけて吸収を繰り返していけばお互いいい練習になるだろうと思っていた矢先、ハタケさんが反応。あ、一番の機関車がいなくなったらまずいぞ、と、おっかける。
足がいっぱいだから追いつくのに時間がかかる。ついていくだけでいっぱいいっぱい。たまに申し訳程度に前に出るくらい。
なんだかんだ5人のパックで走る。イトウさんが残り数キロ地点でタレる。ハタケさんは流石のペース走で着々と差を広げていく。ここが踏ん張りどき。で、頑張ってジャンプするけどイトウさんも連れてきてしまった笑
で、ラスト1キロで切れる。切れたあとも粘って5秒差ないくらいをキープ。うーん、ここで追いつけないのがなあ。もうちょっとなんだけど。

下って補給して帰りはおしゃべりながらまったりと。
これから連戦なので乗れるときに距離乗っておこうと200kmになるように遠回り。48側からオノD大先輩が爆破したがっていることで有名な馬越石通って帰る。48側からは大してきつくないのと自分が平和主義者なのとで爆破したいという感情は全くわかない。笑

交通量の多さに嫌気が差したので予定より近道して帰宅。

帰宅後は体幹トレ。始めて1週間だけど、練習後でも30秒×3セット2種類できるようになった。

で、飯食って世界選手権観戦。久しぶりに自転車浸けだ。

練習再開が9/11。なのになぜか今月の練習距離は1500km超えている。まじめにやってる証拠だな、うん。
あとは結果を出すだけ。
[PR]
by tohikata | 2013-09-29 19:58 | 練習

おさわがせ外国人

練習会への参加を希望する外国人がいると巷ではもっぱらの話題でしたが、満を持して本日ついにやってきました!本場アメリカで10年間クリテリウムを経験してきたその実力やいかに!!

''This is my first race ride in Japan So I'm not fast yet''

だそうで。久しぶりの練習はToo Hardだったようで。
なんかよくわからんまま去っていきましたとさ。
まあyetと言い切るってことはそれなりに実力には自信があるんでしょう。
ご参加お待ちしております。
たまには自転車通して異文化交流するのもいいもんだ。

今日の練習はクリテ対策でド平坦周回コース。
仙チャリでこういう練習するのは初めてだ。
クリテ練習なのでコーナーの立ち上がりではインターバルをかける。で、そのままスピード維持してきつくなる2歩手前までスピード維持。イメージ的にはきつくていっぱい→ちぎれる。キツイ一歩手前→後ろに下がってからの踏み直しができない。なので2歩手前。笑
踏みなおす必要がないローテーションへの加わり方も意識。
最後の一周はがーっといいかんじに上げて終了。
トシさんは台が森より全然強度高く感じると言っていたが自分は全然こっちのほうが得意。何より楽しい。
で、ペース走で山登って、補給して、解散。距離が少し足りない気がしたので遠回りして150kmになるように調整。帰って体幹トレ。セット間の休憩で寝落ち。

と、まあいい感じに前向けてます。
よそ見してないときはやっぱり調子よく感じる。
あとはこの集中力を持続できるかだけ。自分の一番の課題はそこ。やるか、やらないか。
んーでも、もし目の前にめっちゃかわいい女の子降って湧いてきたらそっち優先しちゃうかも。笑
[PR]
by tohikata | 2013-09-28 21:13 | 練習

群馬合宿

せっかく高い金かけて遠征してるんだからと、レース後は練習。ケンイチ先生がご一緒してくれた。
21(土)
レース後なので軽くペース走。ポラールはなぜか知らないあいだに水没していたので感覚で。
猿ケ京~三国峠。登りはアウターで踏む感覚を思い出しながら。こういうところでは練習の時とホイールの違いがはっきりと感じられる。ケンイチさんにサドルの真ん中に座れていないと指摘される。やっぱり。。。分かっていても直せない。
アップ、レースとあわせて130kmは超えたかな。
22(日)
Pのレースの補給の準備だけ手伝って練習へ。オノD大先輩の勧めで日本ロマンチック街道のロックハート城を目指す。いちおうドイツの本家と「姉妹街道」らしい。なんだそりゃ。ロマンチック街道入るまではずっと下り。街道入って目的のロックハート城へ。ひいこら登ってやっとこさたどり着く。
・・・何も見なかったことにしよう。写真すらないということで、察してください。笑
で、群馬の山岳コースをフラフラ走って85km。上りで足に力が入るようになってきたきがする。

Pのレースでは青木プロが14位!すげー!

23(月)
三連休の締め。
鍋腰往復170km。
集合前、ワカオさんからCS400を頂だく。ありがとうございます。
なぜかスピードが反応しないので、わかるのは時間だけ。笑
とりあえず最後までたれないことだけを意識。
課題は再確認できました。
夜はバーベキュー。肉!
[PR]
by tohikata | 2013-09-25 11:12 | 練習

9/3はももクロ始球式

なのになぜバイトなのか。。。

めんどくさくなる前にここ3日間の練習。
輪翔旗まで3週間あるので、落ちたベースを戻すことを最優先に。
強度上げるのは2周目以降のつもり。まずはしっかり乗る。

8/28
とりあえず現状どれくらい走れるか確認するためにアベレージスピード意識して走る。
登りでは上げずに、登り返しの部分と下りを意識して踏む。アップダウンでは下りのスピードを殺さないように。群馬では下り~上りをいかに滑らかに繋げるかが重要なので。

あとは平坦、下りでのペダリングのタイミングと体重のかけ方を確認しながら。思ったより感触はいい?
院試勉強中の練習では短時間でもそこだけ注意してやってたからかな。

70km2h20min
Ave30.0km/h(それなりに登った割には速かったと思う。)

8/29
長いダラ登りで登り方を思い出そうと村田の方から遠回りで笹谷峠へ。
・・・おかしい。登りに入った瞬間まったく進まない。泣きたい。
I.Cまでのアプローチで心折れる。こんなに長かったっけ?
増田様と登った時はもう少しよかったぞ。
何が悪いのか全くわからない。とにかく何試してもまったく進まない。
やめて帰ろうかなと何度も思うが夜は飲み会だし少しでもカロリー消費しとこうと気合で最後まで登る。
下りでスピード練しようと考えていたけど60km/hキープしようとしたらこれまた一瞬で足死んだのでだらだら流す。

帰り道の頭の中はずっとはてなマーク。なんで?なんで?なんでおれは21にもなって彼女の一人もいねーんだ?なんであんあにのぼれねーんだよ。地道にやってくしかないね。
105km 4h15min(いかに上りが遅かったかわかる)

8/30
昨日の悪いイメージをなくすためにとりあえず乗る。
暑い。湿度も高い。夏も無理して最後の力振り絞んなくてもいいのに。宿題やってない小学生かよ。(お約束)
で、当然やる気出るはずもなく流しで。今日は平坦回していこうと回転意識して走るけども、だめだめ。
なんか悪くなっていく一方じゃん?ギクシャクギクシャク。右足と左足がバラバラ。綺麗に回そうとすればするほどわけわかんなくなってイライラする。というかケツの位置固定して乗ることすらできない。すぐ窮屈に感じてずらしちゃう。素人かよ。こればっかりは普段の姿勢から気を付けないとどうしようもない。確実に体が歪んでる。
43km 1h30min
[PR]
by tohikata | 2013-08-31 00:02 | 練習