なんちゃって自転車乗りです。


by tohikata

DNS

今年の夏ごろから、体の傾きを指摘され、実際自分でも歪んでいるように感じるようになった。ゆがみ自体は指摘される以前からあったのだろうが、自分では特に感じていなかった。ただ、指摘されてから、自転車に乗っているときに感じる違和感を体の歪みのせいにすると納得できる部分は多々あった。長距離乗った後の腰、背中の痛み、軸を意識したときにどうしても出てしまう左右差など、指摘される前は自分の実力不足だろうと思っていたものが、体の傾きを理由にするとすっきりするので、ゆがみが原因だと思うようになっていた。
 

 なぜか分からないが傾いてるというのも気持ち悪かったので、「原因を知りたい。」というのが一番の動機で、今日とあるカイロプラクティックセンターに行ってきた。一通りアンケートに答えた後、先生との面談があった。
 そこで、先生にまずあなたの体の問題について教えてくださいと言われた。自分のイメージでは、傾いているのが気になるんですよね→どれ、見てみましょう→ああ、どこどこがどうなっていますね。の流れだったが、どうやら違うよう。これも直したいことのひとつだが、「論理的に話すことが苦手」ということもあって、上に書いたようなことを伝えたいが、うまく言語化できない。この時点で自分の身体の問題と真剣に向き合えていない。しっかりとした問題意識を持っていればいかに言語能力が低くても、問題点、先生に求めること、最終的な目標、位は伝えられるはず。
 

 うまく伝わったかは分からないが、自分の言ったことを上の3つの視点でまとめてみると、「体が傾いている(身体のゆがみ)原因を教えてほしい。専門の治療が必要なら受けたい。歪みを矯正するトレーニングなど、治療以外の解決法があるなら自分で解決したい。」ということ。今気づいたが、感じる傾きについての詳細と、最終的な目標がない。

 そんなこともあってか、こう言われてしまった。
「うちに来る人はみんなしっかりとした意思を持ってきている。君は自己分析もできていないようだし、そういう人たちと比べるとどうしても意識が低いように感じる。このまま治療を始めたとしても、僕と君の目線が違いすぎて、良い結果は得られないだろう。」
と。返す言葉がなかった。ここは、軽い気持ちで来ていいところではなかったんだな。と、自分の覚悟のたらなさをとても恥ずかしく感じた。このまま治療を始めても、お互いにとって最適な関係ではないにも関わらず、安くはない治療費を払って通院している。比較的客観的に見ることができる金銭面だけとってみても、とても不健康なことだと思う。多少自分のもやもやが晴れたとしても。
  もし今の自分がここで治療を受けるなら、「自転車で上(来年の全日本U23で20位以内、将来的には30歳までにUCIレース完走)を目指すにはどうしても体の矯正が必要だ。普段の生活には支障をきたさないが、ロングライド後の腰の痛み、ペダリングの左右差の原因のひとつとなっているように思う。できるであろうことはすべて行なった。この先生にお願いして治療するしか道は残されていない。」くらいの明確な目標をもっていかなければならなかった。いや、これでもまだ覚悟が足りないかもしれない(少なくとも今の自分でイメージできる明確な意思)。とにかく、いまの自分(とりあえず体の歪みが気になるから何とかしたいなあ程度の気持ち)が行くべきところではなかった。もう一度自分の体と向き合って、どういう状態にしたいか、最終目標は何か。はっきりとした形になったら、またお願いしに行こう。


 そんなこんなで月曜はかなり自己嫌悪に陥っていました。ただ、このままの状態で体のゆがみが気になってしまうのも精神衛生上よくないので、もっと軽い気持ちで行っても良いであろう普通の、整体にでも行ってみようかな。そしたらまた何か変わるかもしれない。

 自分を見直すきっかけにはなった面談でした。ありがとうございました。
[PR]
# by tohikata | 2012-11-13 16:36

あっちも擦り減っていた

 クル連中、常に悩ませられるのが、お●んちんのポジション、通称チンポジ。昨日も定まらなかったが、今日は昨日のダメージもあり、さらに気になる。
 案の定シャワーを浴びていると激痛が!
 ドラゴンボール(原寸大でない)を確認してみると、薄い赤みを帯びたものが「オッス!オラ悟空!」していた。。。激痛にもだえ苦しんでいると鼻に水はいるし、最悪。
 今年もたくさんお世話になりそうです。
c0251277_1832899.jpg
 
[PR]
# by tohikata | 2012-11-11 17:59
 本日もクル練。ジャムパン作って出発、今日は9人。
 テーマは昨日と一緒。
 ベルエキ集合なのですぐ平坦へ。今日もなるべく前をひく。ハタケさん、クル練自体は去年はあまり参加していなかったはずなのに、余裕そう。やはり普段からペダリングがキレイだと、すぐに高回転にも対応できるのか。自分は疲れは残ってるけど思ったより足も回っていい感じ。と、思った矢先、パンク。見るとタイヤがズタぼろ。表面が破けて亀裂が。軽く4000kmは使ったはずなので、そろそろ交換しようとは思っていたが、めんどくさがっていた結果がこれだ。うーんやっぱり3000kmくらいで交換しなきゃだめだな。グリップも2500kmくらいから怪しくなってくるし。
 

パンク修理ではチューブ交換にてこずる。普段なら5分で空気入れるところまでできるのに、焦りのせいか、汗が目にたくさん入るせいか、ものすごくてこずる。こういうとこでまたコイツとろいなって思われちゃうんだろうな。タイヤの穴にはカジキさんのタイヤの切れ端で応急手当。勉強になりました。
 あとは、休憩ポイントのヨークベニマルまで再びクルクル。途中、ファミマの手前の直線で、もがく。ミノルさんに、張り切りすぎじゃないか?と言われる。クル練の意図も、LSDの強度も理解してはいるけど、自分の中であそこはもがきポイントなので頑張りたかったんです。
 

 で、今日も自分は昼休憩なしで走る。
 「金ないから?」「いいえ、ケフィアです。。」やる気あるうちになるべく乗っておきたいので。
 たしかに、シーズン中は遠征費だすのにヒーヒー泣き言言っていたけど、そんななかでも頑張って貯金してきたので今は、大丈夫です。(さらに保険金をここに来て解禁したので)もうすぐ、新車が登場する予定です。笑 
 テキトーに流して走って、合流。。。したはずが、あれ、追いつけない?こっちも普通に120rpm以上回してるのにな?ここで追いつくのに結構足を使ってしまったので、後ろで休憩。ここでカジキ様にメロンパンを恵んでいただく。ありがたや~。
 

 カジキさんが、時折手放ししているのを見て、真似する。去年もツノダさんと坂は手放して登ったりしていたが、自分はまだ集団内で手放しするほどの安定感はなかった。今年こそはと挑戦。あれ、意外と普通にできる。まあ、こんくらいは成長してないと困るんだけど。登り基調では、下ハンもつポジションで、手放し。こっちだと上半身でバランスとるごまかしが効かないから、ペダリングの左右差がでるとすぐにふらついてしまう。まだまだ修行不足。なんだかんだであっという間に残り数km。ここで、前と間を開けてしまって、ケツを押される。
とっても悔しいです!回転力不足。そんなこんなで解散。
 

 走り終えて、昨日は頭ぼへーっとするくらい消耗していたが、今日はそんなこともなく、普通に帰れた。やはり、パン1枚増やしたのが良かった。朝飯で往路のエネルギー。昼飯で復路のエネルギー、と、考えると、食パン1枚で約20km?たぶん昨日ダウンしたところ考えても、今の強度ならそれくらいかな。約140kmを食パン1/2斤=50円+ジャム1/2パック=50円で合計100円。つまり1km1.4円の計算!めざせボトル1本200km神話!
 

 5h30min 143km ave26km(距離短すぎる?)
[PR]
# by tohikata | 2012-11-11 17:40 | 練習
 本日の練習会はクル練第1回。参加人数も8人と、久々の大所帯。
 雪が降るまでは県北方面ということで、県北目指して出発。
 今日のテーマは、
①昼飯休憩しないこと(ノンストップで走りながら補給する)
②体の軸を意識。上下運動、左右運動ではなく捻転運動
③なるべく前を牽く
の3つ。特に2番は、頭では理解しているつもりでも実行できていない&疲れてくると意識ができなくなってくるので特に注意。というか、①、③は意識することではないか。笑
 

 最初の数kmは、微妙なアップダウンが多くて、なかなかうまく走れない。というか、ここは無理してまで120回転にこだわる必要はない?
 平坦区間に入ってからはなるべく長く前を牽く。後ろに下がっても、ギア比が、39×19のままでは休みすぎてしまうので、牽かないときは39×21で。結局往路は半分くらい先頭固定で走ったかな?
 折り返し地点のウジエスーパーで、40分後に合流しましょうと伝えて昼休憩のほかのメンバーと別れる。一人で適当に走りながらお弁当の食パン(ジャムたっぷり塗ったやつ)を食べる。このノンストップ練習、どこまで効果があるかは分からないが、おサイフにやさしいことには間違いない。適当に折り返してみんなと合流、すると、合流する際にコンノさんが一言、

「素敵な出会いはありましたか?・・・」

と、やさしくささやいてきた。
 どこかのお嬢様が(もちろん日傘を差している)、県北のヤンキー(ビッグスクーター)に荷物をひったくられてでもいたら、華麗に原付をぬきさり、ひったくり返してお嬢様のもとに馳せ参じるのだが、あののんびりとした地域でそんな漫画のような展開があるはずもない。恥ずかしながら自分の脚力でそんなことができるかも不明。。。
 と、いうわけで残念ながら素敵な出会いはありませんでした。
 逆に、ウジエでは、素敵な出会いがあったのでしょうか?ワタシっ、・・・気になりますっ!!!
 

 帰りは追い風基調の中クルクルと。トシさん、ゴトウさんがやっぱり強い。最後の1,2kmはヘロヘロになりながら走る。エネルギー切れ寸前。ベルエキ解散だというので、その手前のミニストップでみんなと別れる。ありがとうございました。
 ほんとうは、補給なしで帰りたかったけど、このままでは家の周辺の山岳コースを攻略できないということで、妥協して飲み物買うことに。ここで休んでしまったら意味がないのでささっとボトルにさわやか桃水をつめて帰宅。缶コーラをなぜ仕入れない!(最終手段でツノダさんのパリのお土産のヌテラがあったけど、水ない状態でぺろぺろしたらそれこそやばいなと)
 途中、大学の駅伝大会があったので、ここだけ頑張って登る。
 

 家についてからはもうフラフラ。とりあえずカロリーをとるためにプロテイン。シャワーして、ブログ更新しようとパソコン向かうけど腹減りすぎてなんも頭はたらかなくて、寝る。晩御飯たっぷり食べて多少回復した(少なくとも記事書けるらいには)。
 明日はパンもう1枚持っていこう。

5h27min 140km ave25.6km
  
[PR]
# by tohikata | 2012-11-10 18:59 | 練習

気づかなかった

 先日、学校のほうのメールアカウントにこんなメールが来ていた。
件名: 第4回台南市青少年訪問団参加者募集
 学校のメールは授業関係以外はいつもならスルーするけど、気になったので開いてみると、


訪問期間:2013年2月21日~28日(7泊8日)

対象:18歳~22歳(H24年4月2日現在)の
で市内に居住あるいは通学する学生

費用:約3万円
(航空運賃・滞在費等は現地主催者負担)

訪問先:台南市および近郊

内容:現地学生との交流、施設見学、殿堂文化体験、
台湾先住民生活体験など


 台湾といえばGIANT!おお!面白そう!というより、7泊8日で3万てすごくない!?
 とりあえず詳しい内容を見てみようと添付ファイルの用紙を印刷。
 あれ・・・
申込期間:10月1日~23日
 ん?・・・
申込期間:10月1日~23日
 えーと、今は、もう、11月だよな、たしか。
 で、さらによく見ると
送信日時: 2012年10月17日(水) 18:04:18
 あ、3週間以上前だ。


 はあ。もっと早くにチェックしていたらなー。
こういうイベントは、市の訪問団で参加する以上、普通の旅行では経験できないこともさせてもらえるイメージだったので、なおさら残念。
 何度か実施されているようなので、次回のチャンスは逃さないように今度からメールとか掲示はまじめに見よう。
 うん、なんだかんだ今までどおり見ないだろうな。
[PR]
# by tohikata | 2012-11-09 18:44